文字書き

  

 文字書きとは、手作業で書く文字の事で、カッティングシートやインクジェットなどを貼る事が出来ない、壁面・シャッターなどに直接、文字やイラストなどを書き込みます。

昔の看板屋さんは、必ず文字が書けましたが、今は書けない人の方が多いようです。私も修行時代は、お習字の習い事のように紙に升目をとって家で毎日のように書いていました。丸ゴシック・角ゴシック・明朝体・楷書体などなど、それぞれに合った筆を使って書くのですが、同じ太さの線や丸を書くのにとても苦労をした事を思い出します。今はその文字をコンピューターが書いてしまい、手書き作業をする事が減少してしまいました。しかし文字の強弱や抑揚などコンピューターには出せない独特な味を出す事が出来るのは手書き文字の強みです。

その他にも、提灯や木札など、まだまだ手書き文字は必要な職人の技術です。  

 P1060774.jpg 23.jpgP1060975.JPGP1070034.JPG22.jpg

  

  

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文字書きのご用命は、埼玉県・熊谷市「タカハシ工芸」までお願いいたします。         

 

▲このページのトップに戻る