ネオンサイン

ネオンサインとは、ガラス管の中にガス(ネオンガス、アルゴンガス)を注入して電気を通し色を発色させます。ガラス管をバーナーで炙り形に変形させて文字を加工します。

今ではLEDの普及により用途が減ってきてはいますが、とてもインパクトの強い看板の1種であることには変わりがありません。

 

 

 24.jpg P1050848.jpg

  

 

               ネオンサインのご用命は、埼玉県・熊谷市「タカハシ工芸」までお願いいたします。

 

▲このページのトップに戻る