イメージ通りの看板を作るコツ

看板のイメージが多少なりともある場合は、とにかく看板屋さんに鉛筆書きのラフスケッチでも他のお店の看板の写真でもいいので相手にイメージが伝わりやすように出来るだけ具体的に話をすることです。その中から業者からも提案が出てくると思いますが、自分のイメージに合わない提案にははっきりとその旨を伝えましょう。実は、色々と細かく言ってもらった方が業者としてもやりやすいものなんですよ。 そして大体のイメージが固まったら完成予想写真を作ってもらいましょう、これは現状にデザインを合成して完成した時をイメージしたものです。色や文字の大きさなどこの時点での修正も大切な作業です。

そしてもし何もイメージがわかない場合は、実際の現場を看板屋さんに見てもらいデザインを依頼しましょう。よほど凝ったデザインでない限り無料で2〜3種類作ってもらえます。それを参考にすると多少イメージがわいてきますので少し時間をかけて考えてみましょう。 

そして何より大切なのが実際に業者さんとじかに話をして信頼できる人かをご自身で判断することでしょう。

何と言ってもご自身のお店の看板です。業者にすべてまかせるだけではなく共に作り上げていこうと言う思いが事が大切です。

 

施工事例  店舗看板  袖看板  スタンド看板  チャンネル文字  ガラス面シート  プレート看板  金属銘板  ネオンサイン  FRP造形  マグネットシート  文字書き  選挙看板

▲このページのトップに戻る