賢い業者の選び方

一言に看板屋といっても、とても沢山の業種が存在します。たとえば、下請け専門、野立てリース看板専門、営業専門、インクジェット出力専門、などなど1つの業種を専門で行なっている所も多いようです。今では、工場をもたないでパソコン1つでも看板屋としては成立します。ただ外注が多くなると余計な費用がかかってしまいます。 

まずは知り合いの看板屋さんがいればいいのですが、もしいない場合は知人に聞いていい所があれば紹介してもらうといいでしょう。ただ親しいがゆえに価格面やクレームがあった場合に言いずらいと言った事も実際にはあるようです。

知り合いもいない場合は、電話帳やホームページ、などがあります。電話帳は近隣の業者がほとんど乗っていますので、近くの看板屋さんに電話するのもいいでしょう。ただ電話帳からは なかなかワンストップで行なっている業者か専門職業者かは分からない言う難点もあります。

ホームページではそこで行なった製作例や営業方針など具体的な事が分かりますので気になった所には気軽に問い合わせてみるといいでしょう。ホームページは今では業者選びの主流と言えるようです。

 「イメージ通りの看板を作るコツ」でもお伝えしましたが、何と言っても大切なのが実際に業者さんとじかに話をして信頼できる人かをご自身で判断する事だと思います。

 

施工事例  店舗看板  袖看板  スタンド看板  チャンネル文字  ガラス面シート  プレート看板  金属銘板  ネオンサイン  FRP造形  マグネットシート  文字書き  選挙看板

 

 

▲このページのトップに戻る